お肌悩みを生んでしまう最初のきっかけとは?①

美肌オタク歴60年の私が思う、あくまで自分なりの感想ではありますが、
これまで出会った「美肌」の持ち主には共通する事がいくつかあります。

①お肌を大切に扱ってる。愛情を持って(きれいになーれ)と優しく扱っている。
②クレンジングや洗顔に気を使っている。

この2つが一番の共通点かと思います。
ただ、「間違った」クレンジングと洗顔は、お肌悩みを生む最初のきっかけになるのです。

お肌にたまったメイク汚れや、古い角質を落とす事により、後で化粧水や美容液を付ける時、効果的に吸収されるようになります。
流行りで時短を謳っているアイテムも多く、良かれと思い、一度でしっかりメイクを落とすクレンジング料を使われる方も多いと思います。
しかし、「一度で落とす」 為には、かなり強めの洗浄成分が必要となります。

保湿成分が配合してあっても、所詮洗い流すわけですから、どのくらい成分が残るのか?
「洗った後の肌がしっとり」とよく使われる表現も矛盾を感じます。(と思いますが、あくまで各々の感想ですから)
メイク汚れを一気に落とし、後がしっとりとし、使用し続ける事でお肌が綺麗になって行くなら、何も言う事はありません。

ただ、私が聞かれるお悩みを分析すると、そのような美容法は、お肌の強い若い方か、せいぜい40代半ばまで・・・
なら良いかも知れませんが、お肌が弱い方、(おおよそ)45歳以上の方には強すぎると考えています。

そして、人間にとって最高の美容クリームとは、自分から生まれる汗や油脂が混ざった天然の成分ではないか?と思うからです。
ただ毎日暮らしていれば、ホコリも付けば、メイクもするし、お肌が生きてる以上、老廃物や角質も溜まり、油脂が酸化します。
ですから、何らかの方法で清潔にはしなくてはなりません。

私が考えたお肌を傷付けず、きれいにする方法こそ「栄養クリームでメイク汚れを落とす方法」です。

つづく