人生100年時代

今日は、私的によく聞かれるお話をしてみます。
「人生100年」とよく言われますが、実際に100才を超えている方は、日本中に8万人強しかいらっしゃいません。
そこで、知れるものなら、100才まで生きる「秘密」のようなものがあれば、知りたいですよね。

私にはたまたま2人、101才の家族がいます。
母親と、亡くなった父の弟(おじさん)です。
大前提として、このような長生きの法則は複雑で、決まった方法があるとは思いません。

ただ101才まで元気でいる二人に、いくつか共通点がありますからご紹介します。
● 大人しくて、静かである。
● (考えようによっては)臆病で引っ込み思案である。
● 冒険したがらず、小さな世界で充分。満足して暮らしている。
ある意味長所というより、欠点とみなされるような性格ですね

だから、もし貴女や貴方の子供が積極的でない性格だと気にしていたら、長生きするには良い性格だと思って下さい。
もう一人・・・ではなく一匹ですが、超長生き猫ちゃんも。
野良猫にもかかわらず23年位生きました。
やはり、すごく臆病で怖がりで、すごく用心深かったです。

長生きする為に、家でじっとしてる訳にはいきませんが、あまり出歩かなければ、
事故にも合わないし、変な病気に感染するリスクは減りますよね。

それ以外にも、長生きされる方には特徴のようなものがありますから、又ご紹介しますね。