気をつけたい美容法

私は72歳ですから、これまで数えきれない美容法を体験してきましたし、さまざまな美容法を実践した女性たちのビフォーアフターを見ました。
その中には「効果かあって良かったな」と感じるものもありましたが、「やらない方が良かったのに」と感じたものがあります。今日はその中で、もっとも気になる美容法をお伝えします。

若い時はとにかく贅肉がいやだと感じると思います。確かにスッキリしてると素敵ですもんね。
アゴの下や顎のラインは、特にスッキリしてると美人度が上がりますし。

ただし気をつけないといけないのは、強い力でカッサやコロコロローラーを用いて頬を、
指を使ってまぶたを繰り返しマッサージする事です。

そうすることにより、確かに脂肪細胞が潰れて「顔についているお肉」を落とす事は出来るかもしれません。

しかし、年を重ねて初めて気付くのです。
「あの時、やらなければよかった・・・」と。
年齢が上がる事により、今まで感じていたデメリットがメリットに変わるタイミングがあります。

その事に気づかず、年を重ねた方も大勢居るでしょう。だからこそ、老けた印象を無くす為に、
脂肪注入とかヒアルロン、コラーゲン注入という施術があるのです。
老けた印象って「くぼんだ目、こけた頰」
それと、あまり言われていませんが、お口回りの肉も落ちてきます。

暇さえあれば、コロコロローラーやカッサで頰やお口回りを刺激するのは、やめましょう。
二重アゴの部分は良いと思います。
「わざわざ老けて見えるようになる」美容法にはご注意を。