日本女性の美肌

今日の話は昔々にさかのぼり、美肌の歴史を探ってみます。

幕末期に日本を訪れたペリーは、様々なカルチャーショックを受けたそうですが、なかでも日本女性の肌の美しさに感激したそうです。
その当時日本では、化粧品として白粉と口紅ぐらいしかなく、化粧石鹸も一般的には使われず、米ぬかを石鹸がわりに使ってお肌みがきをし、ペリーを感激させる程の美肌を保っていました。

私達は、そのように自然で、かつ美肌を生み出す米ぬか美容法を現代に蘇らせようと、15秒洗顔パック(米ぬかパック)を生み出しました。
さまざまなお肌の栄養成分がたっぷり、これからの季節に活躍してくれるビタミンEは、米ぬかにも含まれ「スーパービタミンE」(普通のビタミンEより4~5倍効果が見込める)と言われています。

米ぬかを活用すれば、お肌に潤いを与える事でしょう。